ミニブタが亡くなった時にはご注意を!

スポンサードリンク

ミニブタが亡くなった時にはご注意を!

ペット葬儀・霊園情報

ミニブタはペットとしてすっかり定着しましたが、亡くなってしまった時には、他のペットとは扱いが異なりますので注意が必要となります。

 

ブタは化製場等に関する法律において牛や馬、めん羊、山羊と同様に指定動物とされています。
この指定動物を火葬や埋葬することができるのは死亡獣畜取扱場として都道府県知事の許可を受けたところのみです。

 

よって、この許可を受けているペット葬儀場、ペット霊園等でなければミニブタの火葬や埋葬を行うことができないのです。
なぜこのような法律の対象となっているかというと、先に挙げた5種類の動物は皮革や油脂、にかわ等を製造するための原料となり、その作業は死亡獣畜取扱場以外で行ってはなりません。
死亡獣畜取扱場は、人が密集している場所、飲料水が汚染されるおそれのある場所、その他公衆衛生上害を生ずるおそれのある場所等では設置できないこととなっています。
この法律は5種類の動物をペットとして飼う目的では作られていないので、ミニブタもサラブレッドも同じ扱いとされてしまうのです。
このようにミニブタが亡くなってしまった場合、その扱いにはかなりの制限が加えられていますので、事前にお住まいの都道府県庁に死亡獣畜取扱場として許可を受けているペット葬儀社やペット霊園等を確認しておくことをお勧めします。


スポンサードリンク

ミニブタが亡くなった時にはご注意を!の関連ページ

ペット火葬の種類
移動火葬車とは その1
移動火葬車とは その2