ペット火葬の種類

スポンサードリンク

ペット火葬の種類

ペット葬儀・霊園情報

ペット火葬は大きく二つに分けられます。
その名称などはペット葬儀社やペット霊園等により異なりますが、多くは以下のように呼ばれています。

個別葬:ペットの遺体を個別に火葬するもの

立ち会い個別葬
  • ペットの飼い主が火葬に立ち会いお骨上げを行う
  • お骨は一旦自宅に持ち帰るか、火葬を行ったところの納骨堂に納める
  • ペット火葬場まで無料で送迎してくれるサービスを行っているところもある
代行個別葬
  • ペットの遺体を飼い主の自宅まで引き取りに来てもらい、ペット葬儀社等が火葬を行う
  • お骨は飼い主の自宅まで届けてもらうか、ペット葬儀社等の納骨堂にそのまま納める

上記のサービスのほかに、僧侶によるお経や、位牌の作成、骨壷の提供などのサービスを行っているところがあります。

 

合同葬:ペットの遺体を他のペットと一緒に火葬するもの

お骨は他のペットと一緒になり、ペット霊園等の共同墓地や慰霊碑、合同納骨堂、動物供養塔などに合同で祀られます。

 

以上が一般的なペット火葬の種類ですが、どのペット火葬がよいのかは飼い主の考え方によります。
ペット火葬に立ち会い、お骨上げをしたい場合は立ち会い個別葬、お骨上げは不要だが、お骨は自宅の庭などに埋葬したい方は代行個別葬、亡くなったペットが、お友達が多くて寂しくならない方がよいとお考えの場合は合同葬が適していると考えます。

 

いずれにせよ、家族で話し合い亡くなったペットのことを考えて結論を出すことをお勧めします。
また、ペット火葬も費用が発生するものなので事前にきちんとペット葬儀社等に金額を確認してから申し込みましょう。


スポンサードリンク