ペットを自ら土葬する

スポンサードリンク

ペットを自ら土葬する

ペット葬儀・霊園情報

ペットを埋葬する方法として、ペット葬儀社やペット霊園等で火葬する方法や地方自治体に依頼する方法のほかに自分で土葬する方法があります。
当然のことですが、土葬する場合には自宅の庭など自分が所有している土地でなければなりません。

 

他人の土地はもちろんのこと、公共の土地(公園や河川沿い等)などに許可なくペットの遺体を土葬することはできません。
先にも説明しましたが、ペットの遺体は地方自治体から見るとゴミと同様の扱いとなるため、許可なくペットを土葬してしまうと”ゴミの不法投棄”となり、法律に違反してしまいます。
結論からすると、自分の土地であればペットを土葬することは法的には何の問題もありません。
ペットを土葬する場合には、今後掘り返すことがないような場所を選び、穴の深さも最低でも1メートルくらいは必要です。
自然に還すという考えから、ペットの遺体には毛布等をかけることなくそのままの状態で埋めてあげましょう。

 

しかし、小型のペットであれば土葬することは容易ですが、犬や猫の大きさとなるとそれなりの広い庭が必要となります。
さらに長期間その土地に居住する考えであれば問題ありませんが、行く末引越しを検討している場合は庭に土葬することは適していないと考えます。

 

また、ペットを土葬したことによる土壌汚染や水質汚染などの可能性もあり、ペットの遺体の臭いがご近所の迷惑になることも考えられます。
以上のことを考えますとペットの遺体は火葬することが現実的ではないでしょうか。

 

仮に自宅の庭に埋葬したい場合でも、火葬を行ってからお骨を埋葬する方法もあります。
よってペットの埋葬方法については火葬することをお勧めします。
ペットの火葬については次のカテゴリーである「ペットの火葬について」で詳しく説明していきます。


スポンサードリンク