ペットの埋葬をどのようにしたいですか?

スポンサードリンク

ペットの埋葬をどのようにしたいですか?

ペット葬儀・霊園情報

ペットの埋葬の方法に関しては法律等で規制されていません。
人間であれば墓地埋葬法により遺体は火葬して墓地に埋葬しなければなりませんが、ペットに関しては火葬しなければならない法律はありません

 

よって、飼い主のペットに対する考え方によって埋葬の方法か異なってきます。
ペットの遺体を自治体の清掃局に引き渡す庭に埋葬する、ペット霊園などで火葬して埋葬するなど様々な方法があるのです。

ペットが死亡した際の自治体の対応

ペットが死亡した際、地方自治体によっては火葬などを行ってくれるところもあります。
しかし、その内容は地方自治体によって異なりますので依頼したいと考えている場合は事前にしっかりと確認する必要があります。
確認する場所は保健所ではなく市役所等に連絡・確認することになります。

 

ここで一つ知っておかなければならない現実があります。
それは地方自治体はペットの遺体を「ゴミ」と同じように扱うことがあるということです。
地方自治体の仕事の一つとして道路上で事故死した動物などを収集して焼却処分しています。
また、引き取り手のない犬や猫などを殺処分して遺体の焼却も行っています。
これらは亡くなった動物を葬るという考えではなく、ゴミと同じように焼却処分するという考えなのです。

 

しかし全ての地方自治体がゴミとして扱うわけではありません。
動物を火葬するための専用炉で持ち込まれた他のペットや事故死した動物たちと一緒に火葬して合同慰霊碑に祀るところや、動物を火葬するための専用炉で一体ずつ火葬してお骨を返してくれるところ、民間のペット霊園等に火葬を委託することろ、地方自治体がペット霊園を所有しており火葬から納骨まで対応するところまで様々です。
よって地方自治体に依頼するかは別として、自分の住んでいる地方自治体はどのような対応をしてくれるのか以下のことを確認することをお勧めします。

  • ペットの遺体を火葬するのはゴミ焼却炉で行うのか、或いは動物専用の焼却炉で行うのか?
  • 火葬は個別で行えるのか、或いは合同となってしまうのか?
  • 収骨して持ち帰ることはできるのか?
  • 合同火葬の場合、合同慰霊碑などに祀ってくれるのか?その場合お参りすることは可能なのか?
  • 個別火葬ができる場合、遺骨の入れ物は用意する必要があるのか?
  • ペットの遺体を収集してくれるのか?その場合時間指定はできるのか?

スポンサードリンク